中古の幼稚園の制服

中古の幼稚園の制服を手に入れる

大切なお子様の幼稚園入学が決まった時、用意するもの、必要となるものが色々とあります。毎月の月謝以外にも入園金、バス通園の子供はバス代、給食費、設備費、制服代、文房具などの費用、通園グッズ代など細かいものを合わせると色々とかかります。そんな色々と費用がかかってくる幼稚園ですが、いろいろとかかる費用の中で費用がかかるものの一つに制服代があります。幼稚園によっては、特に制服を設けていないところもありますが、中には、指定の靴、カバン、靴下、帽子、ブラウス、スカート、ズボン、ジャケット、コート、夏服、冬服などあるところもあります。

子供の身長、体重は年々大きくなっていきます。1年で1サイズづつアップしていく子供もいます。そんな成長が著しい子供の制服サイズ選びは慎重になります。3年保育の場合、3年間ずっと着ることのできるサイズを考えます。入園前の採寸時に母親は、どのサイズを選んだらいいのか悩んでしまいがちです。また、子供は、服は汚すものです。泥遊びをしたり、絵の具やのりなどで遊んだり、食べたものを落としたりして汚れる場合もあります。また、小さい子供はお漏らしの心配もある子供もいます。そのため、服の替えもどの程度用意したらいいのかも悩みます。

汚れた時、サイズが小さくなった時のために、幼稚園の制服を中古で安く用意する方法もあるのです。兄弟のいる人は、兄弟の間でお下がりのものを着せればいいですが、兄弟のいない場合、一番上の子供の入園の場合は、なかなか中古のものが手に入りにくい場合もあります。そんな時、どうしたらいいのでしょうか。情報社会の現代において様々な方法で中古のものを手に入れることができるのです。まず、幼稚園によっては、毎年、バザーが開催されていて、卒園生で必要のないとの、在校生でもサイズアウトしてしまったものを出品して、安い価格で販売しているところもあります。

そのほかにもタウン誌などで制服買います、売りますのコーナーがあったり、SNSや口コミサイトなどで情報を募ることもできます。そして、ママ友のネットワークによって中古のものが手に入ることもあります。中には、リサイクルショップに中古のものが販売されていたいするケースもあります。大手チェーンリサイクルショップよりも地元密着の小さなリサイクルショップなどに置いてある場合もあります。子供には、新品を着させてあげたいけれども、サイズアウトや替えが必要となるから安く入手したい人にとって情報網を駆使して手に入れる事がポイントです。