制服の保管について

幼稚園の制服の保管について特集

幼稚園の制服の保管に関しては、特に衣替え後などに気になってくるでしょう。衣替えが終わった後は、今まで着ていた制服を少しお休みします。そういった際も保管方法によっては、あまり良くないこともあるでしょう。できれば、クリーニングなどに出してきれいな状態にしておき保管することをおすすめします。もし出さない場合にかんしてもきれいな状態でハンガーなどでつるして保管するとしわなどができにくいでしょう。つぎの衣替えの際にスム―ズにできるようにするためにもこのような内容を参考に毎日着る制服を大事に保管していただければと思います。

つぎに虫などの対策をしておくと良いでしょう。虫の対策は最近はつるしておくタイプやタンスなどにいれておく商品など数も豊富なようです。期間なども記載されていますからご確認のうえご使用くださいませ。幼稚園の次の衣替えの際にすぐに着れるのが一番ですが、きれいに保管などをしていてもにおいが気になることもあるでしょう。こういったことを防ぐためにも、もう一度きれいにするか外で干してから着用し始めるなどすると安心です。昔の服をずっとしまっているとにおいが独特になるようなことがありますが、幼稚園の制服の場合はそこまで保存期間もないでしょうからあったとしても多少でしょうね。

幼稚園の制服の保管に関して長くなる場合も考えられます。それはたとえば、下のお子様が幼稚園に入学するまでにはまだ期間があることでしょう。期間があくような場合に関しては通常のころもがえよりも気を使っておくことをこころがけましょう。下のお子様が毎日着るようになるでしょうし、兄弟が多い場合はさらに着るようなことも考えられますね。脱臭機能のある商品なども多いですから、そういったものも活用しながらご家庭でしっかりと管理していただければと思います。兄弟の予定がない場合も譲ったりすることも考えられますからきれいにしておくことをおすすめします。

思い出として卒園後長期でしまう場合の注意点としては虫などの対策商品は期間がきまっているので注意しましょう。変え時などの目安が最近はわかりやすくなっているので多めに購入しておくと安心できますね。長期の場合は、畳んでしまっておくようなことも考えられるでしょう。そのような際は畳み方によってはくせなどがついてしまうことも考えられますので、お気をつけくださいませ。幼稚園時代の貴重な思い出の品ですから大事にきれいなまましまっておきたいものですね。おこさまが成長した時に思い出せるよう参考にしていただければ幸いです。