入園時の制服サイズ

幼稚園入園の制服購入時のサイズの悩みについて

お子さんの幼稚園の入園が決まったら、うきうき浮かれてる間もなく制服や入園グッズなど、春の入園に向けてあれやこれやと準備が始まります。購入したり、製作したり、手を加えたり、など、思った以上に時間がかかったりしますから、できるだけ早めに終えておくほうがよいでしょう。入園や入学の準備時期は皆さんが同じ時期に集中しますから、お店などで手配することや物がある場合は、入園に間に合わなかったり、売り切れでなくなってしまう、などの不測の事態に備えておくためです。指定日に採寸などを経て指定業者で手配する制服に関しては、納期ではなく、逆にどのサイズを注文するかで頭を悩ませるひとも多いです。

幼稚園の登園期間は大抵二年から四年です。四年間同じで着ることは、なかなか難しく、一度くらいは買い替えが必要かもしれませんが、それ以外の二年か三年保育の場合は、できれば買い替えなしで着せたいものです。その場合は、どれくらい大きめのサイズを注文すればよいのでしょうか。指定の制服採寸日には、制服屋さんが来られて採寸することが多いので、相談すればよいでしょう。お子さんの採寸をしながら、現時点での性別、体型からの成長の度合いを予測し、経験上のアドバイスをきちっとしてくれるはずです。だいたいは2サイズから3サイズ大きいのものを勧められます。

ただし、3サイズ大きいもの、というのは、現状着せてみるとかなりの大きさです。また、今、100サイズを着ているお子さんであれば、130の制服、ということになりますが、大きすぎて、逆に動きにくくなってしまいます。130というのは、小学生の服の大きさだからです。ですから、段階のことはさておき、120くらいが適しているといえます。幼稚園入園の年齢の子供は、まだまだ衣類の脱ぎ着がへたくそであり、動きもおぼつかないことがありますから、きちんと調整をしてあげることが大切です。袖をおってあげたり、ロールアップして同色系の布を内側にぬいつけたり、後々にサイズを戻すことを想定して調整するのです。

また、幼稚園に入園後、できるだけママ友さんを作ることが得策です。途中で制服を買い替えしなければならないほど制服が小さくなったとしても、ママ友達の人脈があれば、卒園児のおさがりをもらうことも可能です。ママ友達を作ることが苦手なひとは、幼稚園に相談してみてもよいかもしれません。譲ってくださる方がおられないか、打診してくれるかもしれません。幼稚園登園の間に必要なものに関して、あまり神経質に悩みすぎないことです。まずは必要なものを用意して、卒園まで使えれば運がよいぐらいに思っておき、幼稚園生活をお子さんと一緒に楽しむ気持ちを大切にすればよいのです。